「渡部伸二クラブ」をのぞいてくださいね!

子どもの権利や生活環境、女性差別や障がい者差別とたたかう市民のみなさんからの要請を受けて、私は、2015年4月12日の愛媛県議会議員選挙に立候補いたします。 市民運動の仲間たちが、「渡部伸二クラブ」をフェイスブックに立ち上げてくれました。よろしければ、訪れてみてください。 www.facebook.com/Shinjiwat…
コメント:0

続きを読むread more

2014年2月8日(土)

議会傍聴は、県民の重要な「政治参加」の手段 ーー議会審議の活性化と質の向上をーー                                                          渡部伸二(東温市)  2013年12月13日と2014年1月15日付け愛媛新聞の、『県議会から』、『取材最前線』のコラムで、それぞれ…
コメント:0

続きを読むread more

2013年12月18日

 きょう、12月定例東温市議会が閉会した。さんざんな議会だった。安井浩二議長の統率力、謙虚さの欠如は、目を覆うばかりだ。彼の任期は、まだ1年残っているのだが、これから先が思いやられる。権力を握ると、その人間の本性が表れてしまうものなのだ。  わが東温市議会では、2町合併による議会発足当初より、旧町議員の融和と協働による、円滑で活発…
コメント:0

続きを読むread more

2013年10月16日

 地方紙の愛媛新聞の記事に「切れ味」がなくなり、記事化されるべき事案が、まったく取り上げられないのを不思議に思っていたら、社内人事で「書ける記者」が他の部署に回されたり、飛ばされたりしているという噂を耳にした。さもありなんと私は納得したのだが、この噂が事実なら、ジャーナリズムの死を意味するのであり、権力批判メディアが不在という愛媛県の危…
コメント:1

続きを読むread more

2013年9月10日

 以前に、東温市の児童館建設検討委員会(市長の諮問機関)の模様にふれたが、新たなことがわかった。 きょう開催された、東温市議会の文教市民福祉常任委員会の席上、安井議長から、「児童館建設検討委員会のA委員は、息子さんが東温市の職員ではないのか。」との質疑があった。これに対して、同席していた行政側職員(市民福祉部長・副市長)らは、それが事…
コメント:0

続きを読むread more

2013年8月27日

 自治体の執行機関(首長部局)の対応には、思わず「あり得ない!」と叫んでしまいそうになることがある。 最近、私が経験した例をご紹介する。  今月上旬、私が所属している(東温市議会)文教市民福祉常任委員会は、「児童館の建設にかかる申し入れ書」を、高須賀功東温市長に提出した。この文書の内容は、現在、建設が検討されている市内3ヵ所目の…
コメント:0

続きを読むread more

2013年7月30日

 東温市は、市内3カ所目の児童館の建設を予定している。市長の諮問機関である「児童館建設検討委員会」の4回目の会合が7月12日、市役所で開かれた。私は前回と今回の委員会を傍聴したが、まず疑問に感じたのは、「各委員は、子育て支援施設である児童館の目的・機能を理解した上で、議論に臨んでいるのだろうか」ということだ。 少なくとも厚労省が作成し…
コメント:0

続きを読むread more

2013年7月26日(金)

 私の自宅に隣接して、真南の土地に、2階建てで6世帯が入居する賃貸住宅が建設されることになった。おかげで日照が著しく制限されることとなった。おまけに景観も様変わりし、これまでは、少なくとも1階の窓からは南の空と山が見えていたが、住宅建設後は建物しか見えなくなる。  日々の暮らしの健康、衛生面からいって《日照》は重要である。今まで通りの…
コメント:0

続きを読むread more

2013年7月6日(土)

 今年も6月の第1週に、松枯れ対策と称する農薬の地上散布が行われた。私はこれまで、たびたび農薬散布の効果を検証するための調査(駆除対象昆虫であるマツノマダラカミキリの斃死個体の拾い取り調査)を求めてきたが、東温市は逃げるばかりで一向に調査をしようとはしない。そればかりか、私は議会で、松枯れ農薬散布の前提となる、マツノマダラカミキリの生息…
コメント:0

続きを読むread more

2012年9月13日

 9月11日から東温市議会9月定例会が開会された。初日の11日、総務文教常任委員会(委員長:山内孝二議員)は、6月議会から「閉会中の継続審査」にしていた、意見書案第2号「北朝鮮による拉致被害者救出への署名者および運動に応える行動を強く求める意見書(案)」(提出者:平岡明雄議員)を、再び「閉会中の継続審査」とする委員長報告を行った。これは…
コメント:6

続きを読むread more

2012年9月11日

 9月4日付けで、「ごみを考えるネットワークえひめ」と「子どもたちの未来を考える父母の会in東温」が提出していた、震災がれきの受け入れに関して、議員を交えた「意見交換会」の開催を求める要望書について、東温市議会・議会運営委員会は、本日、「要望を認めない」と全員一致で決した。  委員会の席上、公明党の丸山稔議員が次のような発言をした…
コメント:2

続きを読むread more

2012年8月30日

 東温市が、宮城県・岩手県の災害廃棄物を受け入れるかどうか、判断の正念場を迎えている。  これらの廃棄物に、一切、放射性物質による汚染がないのであるなら、そして、本当に廃棄物の全国的な広域処理が必要ならば、全国どこの自治体も廃棄物処理を拒むところはないであろう。  だが、福島原発由来の放射能は1000キロを超えて飛散し、いた…
コメント:3

続きを読むread more

2012年8月18日

 また、信じられないことが、わが東温市議会であった。本日、9:00から今期最後の議会改革特別委員会があった。私も委員になっている議会改革特別委員会は、1年間をかけて、「東温市議会議員の政治倫理条例」について協議をかさね、議会全議員の条例案に対する意見も確認し、今夏、条例および施行規則を完成させた。  常識的には、条例ができたのであるか…
コメント:0

続きを読むread more

2012年8月16日

安冨 歩(著) 『幻影からの脱出-原発危機と東大話法を超えて』(明石書店)のなかで著者は、次のように述べていた。  「私は学者の言うことを信頼するかどうかを判定するには、その人の主張することを理解するだけでは不十分だと思っています。その人が立派な人なのかどうか、それが大切であって、立派な人であれば言うことを信じるし、下らない人であ…
コメント:0

続きを読むread more

2012年8月12日

 わが町東温市を東西に延びる国道11号線に植えられている街路樹は外来種のアメリカフウ(モミジバフウ)だが、この時期はアメリカシロヒトリの食害がひどく、ほんの一ヶ月ほどの間にほとんどの樹は葉を食われてしまう。そもそも国土交通省は(数十年前のことではあるが)なぜ外来種を街路樹に選んだのだろうか。他県でもアメリカフウを植えているところはアメリ…
コメント:0

続きを読むread more

2012年8月6日

 腎移植のための入院生活がちょうど一ヶ月になった先週末、愛媛大学付属病院を退院した。一ヶ月の闘病生活を振り返って、今一番感じているのは、医師、看護師、看護助手のみなさんの献身的な医療処置、看護ケアのありがたさだ。1日に何回となく体調チェック、血圧・血糖・体温・心拍数などのバイタルチェックを行い、ほぼ毎日の血液と尿の臨床化学検査、1日の総…
コメント:0

続きを読むread more

2012年8月1日

 内科の医師の説明によると、食後の急な血糖上昇を抑えるうえで、食事をゆっくり摂るとともに、炭水化物(ごはん・パンなど)の主食を、副食(おかず)のあと、つまり食事の最後に食べると、薬1錠分ぐらいの効果があるという。加齢とともに、インスリンの出方が遅くなる傾向があるためらしい。  先日から病院食で試しているが、食後高血糖を抑えられてい…
コメント:0

続きを読むread more

2012年7月30日

 医師の江部康二氏のブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」koujiebe.blog95.fc2.com/になるほどと思わせる情報が書かれていた。「讃岐うどん」で全国に知られている香川県だが、糖尿病で医療機関を利用する割合が全国一位だというのだ。江部氏によれば『「血糖値を上げるのは、糖質だけでタンパク質や脂質は上げない。」この生理学的事…
コメント:0

続きを読むread more

2012年7月28日

 「戦争の結果責任には無罪はない。もちろん、戦争に賛同した者は結果責任を問われる。しかし、戦争に賛成したわけではないという者も、戦争反対への行動をとらなかったという不作為の責任が問われる。さらに戦争反対の行動を起こした者でさえ、戦争を阻止できなかった以上、自己の無力は結果責任を逃れる弁明とはならないことを肝に銘じる必要がある。  この…
コメント:0

続きを読むread more

2012年7月25日

 佐々木中の『アナレクタ3 砕かれた大地に、ひとつの場処を』に収載されている「政治とは「論証」雄弁の技芸(アート)が必要」と題するエッセイに、次のような一文があった。 「政治の核心は「論証」です。「なぜ」に応えて理由や根拠を示すことです。それを見失えば政治は死ぬ。しかし今の政治家はこれを忘れ果てて、我々も「なぜ」という声をあげるこ…
コメント:0

続きを読むread more